夜はまだまだもうちょっと、ね?

rankax.exblog.jp

(=゚ω゚)ノ

ブログトップ

カテゴリ:本( 4 )

意味を問いだそうとすればするほど病むという
奇妙な人間の心理ったらない。

はたして無意味感という感情それ自体が精神的な病をつくりだすのかという問いに戻ろう。
フロイトは確かにかつてボナパルト王女にこんな手紙を書き送っている。
「人生の意味、人生の価値について人が問うた瞬間、人は病む」と。


アルバート・アインシュタインの言葉を引用すれば、
「自分の人生を無意味なものと考える人は、単に不幸なだけでなく、
生きていくことさえ難しい」
(中略)
現代の心理学用語で言えば、
意味への意思は「生き残る価値(survival value)」を持った概念なのである。


しかし、意味というものは、
実はいかようにでも自分で好きなように決められるという。
だったら、わざわざ無意味だなんて決めなくってもいいんじゃない? っていう。

「ずっと後になってやっとわかったんだ、
苦しみが自分をよりよい自分に変えてくれるのなら、
苦しみにだってひとつの意味があるってことが」
イスラエルの彫刻家ユーダ・ベイコンの言葉から


「人生は豊かな意味で満たされている、しかも無条件に」


人生には無条件に意味があるという確信を捨てなかった。
人生に意味があると考えれば、たとえそれが短くとも意味があることに変わりはない。
もし人生に意味がないのなら、
今後何年も生きていくという、そんな無意味な作業を繰り返しても、
何の意味もないことになるのだ。

そしてどうか信じてほしいのだが、
ずっと意味のなかった人生、つまり無駄に過ごしてきた人生にさえも、
最後の瞬間にその状況にどう立ち向かうかという、
まさにその態度によって、なお意味を与えることができるのだ。


無意味感が引き起こす脅威。

「人間は無意味感に圧倒されたと感じた時に、最も殺意を抱きやすい」
(ロバート・リフトン)


スポーツから学ぶ生との戦い。

「他人を絶対に打ち負かしてやるんだなどと、自らに言い聞かせてはならない」
(走り高跳びの世界記録保持者 イローナ・グーゼンバウアー)

ロゴセラピーを競泳に応用した例:反省除去(dereflection)の技法
選手は、"自分自身の最良のライバルとなろうとする"とき、全力を出せる。


フランクルの問い:

1. あなたの人生の素晴らしかった出来事は、
死んでしまえばすべてなかったことになるとお考えですか?
2. あなたがこれまでに経験してきた幸せ、出会った良いことを、
誰かが打ち壊してしまうことはできますか?
誰かが消し去ってしまえますか?
3. あなたが人生において苦悩と格闘したことを、
あなたの過去から取り除くことはできますか?
4. あなたが尊敬できるような素晴らしい、魅力的な人に、出会ったことはありますか?
5. その方が亡くなったら、その素晴らしさは消失しますか?
6. その方が亡くなったら、その方の人生は無意味になると思いますか?

改めて、1の質問と6の質問の回答は同じだったでしょうか?
[PR]
by rankaran | 2009-05-03 00:00 |

【本】日本橋ヨヲコ

あかりへ

日本橋ヨヲコ、おすすめです。

公式サイト:
週間日本橋ヨヲコ
代表作は『G線上ヘヴンズドア』だと思う。
今は『少女ファイト』が連載中だからまだ終わってないけど、
基本路線は『G線上…』とあんまり変わっていない印象。
だけど、バレーボール好きで女の子好きの私にはたまりませんwww

インタビュー記事:

漫画家リレー訪問記
2002年だからだいぶ前だけど、すごく共感する。
私も4コマも4コマじゃない漫画も描いたことあるけど、
伝えたいことがあると描けちゃう方。

以上。

存在を感じて欲しい
蘭より
[PR]
by rankaran | 2008-02-13 13:30 |
テクスチャの端っこで咲く花々に
心を癒された
蘭です。こんにちは。

最近読んだ本をSSを交えて引用してみます。

f0136689_049165.jpg
クヌルプは手近の十字架にしるされている名を読んで言った。
「エンゲルベルト・アウアーという名で、六十歳を越した。そのかわり、今じゃモクセイソウの下に眠り、安穏だ。モクセイソウは美しい花で、ぼくもいつかはほしいと思っている。さしずめここにあるのを一つ取ってゆこう」

f0136689_0501980.jpg
クヌルプは言った。
「人間はめいめい自分の魂を持っている。それをほかの魂とまぜることはできない。ふたりの人間は寄りあい、互いに話しあい、寄り添いあっていることはできる。しかし、彼らの魂は花のようにそれぞれその場所に根をおろしている。どの魂もほかの魂のところに行くことはできない。行くのは根から離れなければならない。それこそできない相談だ。花は互いにいっしょになりたいから、においと種を送り出す。しかし、種がしかるべき所に行くようにするために、花は何をすることもできない。それは風のすることだ。風は好きなように、好きなところに、こちらに吹き、あちらに吹きする」


f0136689_0495224.jpg
「きみが言うような天分は、そうたいしたものじゃない。ぼくは少しばかり口笛が吹け、アコーディオンも鳴らせる。ときには短い詩も作る。昔はなかなかよく走ったし、踊りもまずくはなかった。それだけのことだ。だが、それをぼくひとりで楽しんだわけじゃない。たいていの場合、仲間か、若い娘か、子どもが居合わせて、それをおもしろがってくれ、ぼくによくお礼を言ったものだ。それでいいことにしよう。それで満足しよう」


僕はこの穏やかな僕の暮らしに満足している。
きみはどう?
きみはちゃんときみとして生きてる?

本文引用はヘッセ『クヌルプ』より
 
[PR]
by rankaran | 2007-10-09 00:00 |
現在、森博嗣『クレィドゥ・ザ・スカイ』を絶賛読書中の
蘭です。こんばんは。

シリーズとしては時系列的に
ナ・バ・テア
ダウン・ツ・ヘヴン
フラッタ・リンツ・ライフ
クレィドゥ・ザ・スカイ』(今回の新刊)
スカイ・クロラ
と5作品になります。
#まだ、番外編が1冊(全8話でネット公開)予定されていますが。

あらすじとかは公式サイト見た方が手っ取り早いかと。
参考:映画「スカイ・クロラ」公式サイト

待受画像も作りました。
f0136689_955638.jpg
f0136689_95626100.jpg
f0136689_9565023.jpg
f0136689_15475071.jpg
f0136689_9543595.jpg
感想はネタバレになるのでやめて、
私は概ね、頭の中に言葉の河が流れているので
本を読んでいるときは思考が散漫になりやすい。
その一例を記録としてここに残してみます。

#以下、長文につき
#パケットとお時間を気にされる方は、ご注意くださいませ。


【蘭の思考回路】
[PR]
by rankaran | 2007-06-26 00:00 |