夜はまだまだもうちょっと、ね?

rankax.exblog.jp

(=゚ω゚)ノ

ブログトップ

タグ:アルバイト ( 9 ) タグの人気記事

名刺の肩書きが
DTPデザイナーだった
蘭です。こんばんは。

前回までのあらすじ:
クリエイター職になるべく、先輩DTPデザイナーのアシスタントとして
ゲームの攻略本の制作を続けていた蘭さんだが…

ゲームは連作が出たりするので、2冊目以降はデザインがある程度流用できます。
最初は何もないところからデザインを起こすので、
ものすごく大変ですが(特にこの場合は先輩デザイナーさんがw)、
それでもアシスタントで1冊15~30万くらいもらいました。
フリーのデザイナーさんとの契約だったので、特に紙での契約はありませんでした。
本の仕事が自分のスキルアップにつながると考えていたので、
その金額以上に私にとって価値のある仕事でした。

2冊だけ手伝って、またある程度お金が貯まったので、
それまでWindows機しかもってなかったのですが、やっとMacを購入しましたwww
今でも忘れられません。当時23万で、自分としてはかなり高い買い物でしたが、
そのとき一番仲の良かった友人が、この先ずっとDTPの仕事をするなら買ったら?
ってことで丁度Macが、それまでベージュのものから
ポリタンクっぽいデザインに変更した時期だったので、新しい方を買いましたww

その友人は、私にDTPの仕事を紹介してくれ、一緒に仕事をしたライターさんでした。
それまでも、夜な夜なゲーセンに通ったり、深夜のファミレスでだべったり、
歳も性別も違うけど、私を仲間として受け入れてくれ、いろんなことを教わりました。
今でも、いろんなアドバイスをしてくれる、尊敬する友人の一人です。
#ちなみに数年前、その人はゲーム雑誌でROのコーナーで記事書いてましたwwww

G3でOS9、今でも自宅でDTPの作業をするのにこのマシンを使っていますが、
おかげで当時は、これで一人でも仕事ができる! ってことで、
今度は一人での仕事を紹介してもらいました。

続く…

#働くことについて考えている方の参考になれば幸いです。

追記:ゲームライターになるには
[PR]
by rankaran | 2007-11-24 00:00 | 思うこと
攻略本の奥付けに名前が載ったことがある
蘭です。こんばんは。

前回までのあらすじ:
やっぱりクリエイター職だな! と気づいた蘭さんは、
スキルを上げるべくまず印刷会社でアルバイトをしたが…

印刷会社では、料理店のメニュー、老人向け雑誌のページレイアウト、
商品カタログ、名刺などの制作が主で、制作物の内容にあまり興味がなかったけど、
丁度その頃、親友が同人誌の制作を始めて、売り子なんかも手伝ってたら
本の世界にちょっと興味を持ち始めてました。
#売り子やってたときのお客さんが、偶然、今の職場の同僚だったとか…www
#人生、どこでつながるかわかんないねw
#ちなみに今でも親友は同人作家で生計を立てています。


フリーのDTPデザイナーさんのアシスタント
そこで、高校生のときに編プロ(編集プロダクション)でお世話になった経緯から、
ゲーム系のフリーライターさんと友達になり(みんな大体2歳以上年上)、
大学2年の頃、DTPデザインのアシスタントとして一緒に仕事しない?
ってことでお誘いをいただき、印刷会社でのアルバイトを辞めて、
フリーのDTPデザイナーさんのアシスタントとして働くことに。
しかも本の分野(出版)はすごく興味があったので、まさに好機だった。

フリーライターとデザイナーの集団が、会社ではなく個人で知り合いが集まり、
出版社の多い神保町にオフィスを構えていたので、
そこで私は、一つデスクを無料で使用させてもらって、攻略本の制作を手伝いました。
#同じフロアではゲームを作ってる会社が隣でお仕事してましたw
#絵が好きだったので、イラストレーターさんの絵とか見れて嬉しかったww


攻略本は、ライターさん4人くらいと先輩デザイナーさん1+アシスタント(私)で、
大体3週間~1か月で1冊作りました。

続く…

#働くことについて考えている方の参考になれば幸いです。

追記:DTPの制作フロー(簡易版)
[PR]
by rankaran | 2007-11-21 00:00 | 思うこと
青春て1・2・3ジャンプ!
岡村靖幸も大好きな
蘭です。こんばんは。

前回までのあらすじ:
塾講師水商売ときて、コミュニケーションは好きだけど
物心ついてからずっと絵を描くことが好きだったから、
やっぱりクリエイター職だな! と気づいた蘭さんは…

印刷会社
まずはPCとソフトがあってもスキルがない!! ってことで、
印刷会社に入って広告作ってるDTPデザイナーさんの下で働くことにしました。
#DTP(DeskTop Publishing)は、パソコンを使って印刷データを作ること。
#昔はPCを使わないで作ってたのですが、現代ではDTPが主流になってます。


本当は純粋に印刷のお手伝いをするバイトを募集してたみたいなんだけど、
PC持っててソフトも使ったことがあるって言ったら、
デザイナーさんのアシスタントしてくれってことになった。

で、最初は、デザインに必要な素材作りのお手伝い。
写真(フィルム)をスキャニングして、
トリミング(不要な部分を切ること)してデザイナーさんに渡す。
Mac使っての初めての作業だったww(家ではWindowsだったから)

次に、デザインっぽいことをしたのは、パーツ作りが多かった。
簡単なマークとか、アイコンとか、珍しい苗字の人の漢字を作字したり。
こういうの作って~ってデザイナーさんに依頼されて作ったパーツが、
配置してもらってパンフレットや名刺ができていったりの分担作業。

その後は、小さなチラシの修正程度を任されてーとか、
テンプレート(雛形)をデザイナーさんに作ってもらって、
後は自分でそれを使ってページ増やしていったりと、
段々ステップアップしていった。

DTPデザインの面白いところは、なんといっても、
印刷するとそれが手にとれる形になること!!
POP広告とかは、印刷して実際に組み立てたりすると、
できたー!! ってもう感動ですwww
製本になると尚更。
だから、次は本の仕事をしたいって思うようになってました。

続く…

#働くことについて考えている方の参考になれば幸いです。

追記:
先日作ったトレカもほんとは出力(印刷)したかったんだけど、
もう最近の家庭用プリンターは写真向けだから、それ以外の画質がひどいwwwww
唯一使えたALPSのプリンターが生産中止になったのも本当に悲劇としか…。

まぁ、出力センター(印刷屋のコンビニみたいなところ。
「リスマチック」や「バンフー」が有名かな)行けって話しですが、
都内じゃないとそんな店ほとんどないという(
地方の人とかほんと、どうしてるんだろ??
[PR]
by rankaran | 2007-11-14 00:00 | 思うこと
山田詠美とこなみ詔子に
はまっていたことがある
蘭です。こんばんは。

前回までのあらすじ:
大学生になってからは、塾講師をやって教師もいいかななんてことを思ったが、
どんな仕事をしてたって教えることはできるので、
別の職業もやってみることに…

水商売
そもそも、キャスト? フロアーレディ? …なんて言うの?w
いつかはやってみたいな~と思っていた仕事が水商売w
大学で心理学専攻してたから、他人への興味が高かったんだよね。
人とのコミュニケーションは好きだから面白いかもしれないと思って、
自分がそれに向いてるかってのも興味あったし、
接客の上級職でもあると思ってたのでやってみることに。

で、思ったら即行の私なのでwww
やってみてぇなーって銀座のクラブに行ったら
あんたにはまだ早いって言われて即効で蹴られましたwwwww
んで、よく通ってたゲーセンの近くにあった店で雇ってもらって、
もうね、女の子がいっぱいな職場ですよ?ww
しかも可愛い子いっぱいですよ?ww
って、ほんとやばかったwwwwwwwwwwwww

お店でトップの人は27歳で当時の私より年上だったんだけど、
可愛さ4割・綺麗さ6割な感じで、いつも笑顔で楽しくて優しくて、
ずっと憧れだった。
綺麗な人は本当にずっと見ていたい。それぐらい美しかった。
思わずプリクラくださいってお願いしたwwwwwwwww
え、どうして? って聞かれて
綺麗だからって答えたよ、本当だったからwwwwwww
そしたら、チューしてもらいました^^
はいはい同性の役得やくとく(

で、対人コミュニケーションを主とする仕事は、
自分に向いてないってことがわかった。
何故なら、多くの人と私は価値観がまったく合わないのに
「仕事」なために、それに付き合わなくてはならなく、
それがすごく苦痛だったから。
#例えば私は今でもネガティブな思考でコミュニケーションをする人とは相容れない。

その後、ある程度お金たまったのでやめましたw
やっぱりクリエイティブな仕事に進むことにしたんだけど、
お金たまってたおかげでPCやソフトを買うのには苦労しなかった。
何事も、無駄ではないね。
不要だった道なんて今までにひとつもない。
そう思って生きてます。

続く…

#働くことについて考えている方の参考になれば幸いです。
[PR]
by rankaran | 2007-11-13 00:00 | 思うこと
働くということをテーマに自分のことを書いている
蘭です。こんばんは。

前回までのあらすじ:
高校生のときは、コンビニ店員巫女クローク
年賀状の仕分けスタッフ読者モデル、なんてことをしていた蘭さんだが、
大学生になってからは…

塾講師
そろそろクリエイティブな仕事をしたいな~ってのもあったのですが、
大学受かったら塾講師やってよとお招きされたので働くことに。

塾講師とはいえ、個人指導なのであまり緊張することもなくラクでした。
中学生の男の子に英語、高校生の女の子に数学を教えてました。
教えるのは楽しいねぇ~。あと、子ども自体が面白いwww
好きな子ができた! って言って急に勉強頑張り出したりw
女子高生と1対1とかねwwwww まぢやヴぁいってwwwwwww
もうほんとすげー可愛いんだ!!!!wwww

逆に大変だなぁって感じたことは、
生徒が学ぶことに熱心でないと、教える側との温度差が出てしまうこと。
学生なら、勉強をいかに楽しむかがわかるといいんだけどね。
社会人なら、仕事をいかに楽しむかってのと同じ。
前述の中学生みたいに、勉強自体が目的ではなくっても、
それが自分の魅力を高めたり、そういった楽しみ方でも全然いいと私は思う。
そしてもちろん、そういった考え方も人それぞれであっていいとも思う。

今でもその塾には遊びに行ったりしてます。
人は成長するから、時が経ってから会うのもまた面白い。

実は子ども嫌いなんだけどw 教師もいいなぁと感じた。
大学で教職とろうかと思ったが、専攻が社会科教師限定だったので諦めたw
社会科とか倫理以外は超苦手だよばかやろうwwwwwwww

でも公的な教師じゃなくっても誰かに教えることは、
例えば表現する方法さえ身につければ、どこでだってできると思っている次第。

>追記:「どうして勉強をしなくちゃいけないか?」
[PR]
by rankaran | 2007-11-12 00:00 | 思うこと
働くということをテーマに自分のことを書いている
蘭です。こんばんは。

前回までのあらすじ:
高校生のときは、コンビニ店員巫女クロークのアルバイトをしていた蘭さんですが、
それ以外のバイトもしたことがあります。それは…

郵便局で年賀状の仕分け作業
そろそろそういう時期だったので思い出した。
単純作業をいかに効率よく行うかって仕事はすごく得意。
合理主義万歳w

読者モデル
兄が編集プロダクション(通称編プロ)で働いていて、
なんかコンテストみたいなのやるんだけど、
頭数足りないから来てーみたいな話になり、行って撮影。
そのままどっかの雑誌に載りました。学校で友達にバレました。

撮影用のメイクって本当にむちゃくちゃびっちり塗るから、驚いた。
即効で崩れましたw あれはほんと短い撮影用のメイクなんだなぁって思った。

編プロは遊びに行くといつも飯おごってくれるからよく通ってたw
業界が業界なだけに、若い人や面白い人が多い。
やっぱクリエイティブな職場は仕事の内容自体の面白さが違うね。
今では逆に人を紹介したりして、付き合いは続いています。
ゲーム系の雑誌で仕事をしたい人は紹介しますよw
むちゃくちゃハードですがwwwww

#あとは思いついたら追記します。
続く…

#働くことについて考えている方の参考になれば幸いです。
[PR]
by rankaran | 2007-11-09 00:00 | 思うこと
働くということをテーマに自分のことを書いている
蘭です。こんばんは。

前回までのあらすじ:
長期で低収入のコンビニ店員、短期で高収入の巫女、ときたら次は間を取って
週に1回程度で時給のそこそこいいアルバイトをしようと考えた蘭さんは…

実は当時、隣の高校に好きな女の子が通ってました。
で、その子と一緒にいる時間をさも当然のように過ごすには、(←ここ重要w
同じアルバイトすりゃいいんじゃね?w ってことで、同じバイトをすることに。
でもなかなか勉強しながら働くのは私の方がつらくて、
週に1回程度で時給は900円くらいの条件で、その子の知り合いから
劇場の「クローク」の仕事を紹介してもらいました。

「クローク」というのは、簡単に言えばお客様の荷物を預かるところ。
劇場だと荷物は外套や大きな鞄が主で、それに荷札をつけて預かります。
同じ番号の札を相手に渡して、帰りにはそれと引き換えに荷物を返す仕事です。

クロークのある劇場ということで、割とかしこまった場所だったので、
そこでは制服がありました。緑色のタータンチェックのワンピースでしたね。
二人でおそろいの制服着て、クロークの受付でお客様を待ち受ける。
淡々と仕事をこなし、空いた時間でずっと自分たちのことを話してた。
最近読んでる本、聞いてる音楽、考えていること、そして将来の悩み。

劇が始まると、荷物を預けるお客さんがいなくなるのでいくらか暇になり
たまーに後ろの方で観劇させてもらったりもしてました。オペラが多かったかな。
小さい頃によく母親に連れてってもらった劇場で場馴れはしていたので、
仕事はあまり緊張していなかったし、
芸術に触れられる仕事は感慨深くていいなぁと感じた。

でも、どうにも私のことを気に入らない先輩がいて、
#私の字の書き方が嫌とかwwwww
居辛くなったのでやめることにした。
そういう人もいるんだなーくらいに思った。
まぁ、これも社会勉強の一つみたいなものですねw
私の仕事はこれじゃないと! とは思わなかった。
もっとクリエイティブな仕事がいいなと考えはじめていた。

ちなみに、その人は声楽を学んでいて、
いつかそういった方面で働きたいなんて言っていた。
きっと夢が叶って幸せだったら、他人にも優しくなれたんじゃないかと思うと
その人がもっと幸せであればいいなぁと願った。

それから受験が訪れて、しばらくアルバイトはやめることにした。

続く…

#働くことについて考えている方の参考になれば幸いです。

>彼女とは
[PR]
by rankaran | 2007-11-08 00:00 | 思うこと
働くということをテーマに自分のことを書いている
蘭です。こんばんは。

前回までのあらすじ:
高校生で、コンビニ店員という長期の定期的なバイトは、
勉強との両立が難しかったので、短期バイトをすることにした蘭さんは…

高校生が短期バイトといったら、学校が休みの間にスキー場とか引越し屋とか、
そういうところで働く友達もいたけど、
私は、友達が「巫女さん」のバイトをするということで一緒に応募したw

年末年始になると神社は忙しい。
しかも巫女のバイトは女子限定で期間も限定だから
時給も1,200円~1,400円くらいだった。やはり大晦日~元旦は高いw
なかなかできる仕事でもないので、興味半分でもやる価値はあるなと思った。
実際やってみるとすごく面白かったwwww
まず、あの衣装を着るとなんというか

巫女の気分になれますwwww

あと、こっちはアルバイトなんだけど、
ご利益があるかもしれないから手を握らせてください!!
とかって面白い受験生とかがやってきて楽しかったwww

大変だったのは、お金の計算を暗算でやらなければならないこと。
今まではレジ打ちだったので計算はラクだったが、
破魔矢とか絵馬とかお守りとかいろんな種類があってそれぞれの値段を記憶して
さらに暗算ですぐに対応しないと元旦の人の量をさばききれないので、
計算を間違えずに素早く対応するのが大変だった。

まぁ、人間誰しも間違いはあるのでそこはやり方次第。
あーこれ間違えそうだなってときは、お客さんと一緒に勘定を確認する。
これがいくら、これがいくらって一つずつ話して確認しながらだと、
相手も計算してくれたり納得するから安心だww

そして私はそういったコミュニケーションが楽しくて、
接客になるとどうも自然に笑顔になっていることに気づく。
そういえば幼稚園の頃に、おままごとは好きじゃなかったが、
お店屋さんごっこは好きだった。
ROでも、間違いなく露店ではなくチャット売りタイプwwww
β前後んときとか、暇があったらポタ屋とかやってたからなぁww なつかしいwwwww


人との係わり合いで自分がどういったことに向いているかを知る良い機会でした。
面白かったので、このアルバイトはその次の年もやったかなw
まぁ、これだとあまりに短期過ぎるので、
次は、週に1回くらいのペースのバイトをすることにしました。

続く…

#働くことについて考えている方の参考になれば幸いです。
[PR]
by rankaran | 2007-11-07 00:00 | 思うこと
働き始めて13年の
蘭です。こんばんは。

最近、働くことに関しての話題が身近であったので、
自分のことを書いてみます。

私は小さい頃から早く働いて家を出たかったので、
高校生の頃から働き始めて、大学生の頃までずっとアルバイトをしてました。
バイトしてお金をためることはもちろんだけど、
自分にあった仕事を見つけたいなってのが大きな目的。
アルバイトでなら就職と違っていろんな仕事を短期で試せるしね。

高校生のときに最初にやった仕事は「コンビニ店員」で時給は700円くらい。
通学路にあったコンビニで通いやすい、シフトが割と自由、
お弁当屋も兼ねているコンビニだったので、
食費に苦労しない(いらないものもらえるw)
というところが大きなメリットでした。

仕事は、床掃除、棚卸、レジ打ち、接客、まぁ一通りやった。
コンビニってコンドーム売ってて、しかもかわいいデザインだったりすると
子どもがこれ欲しいってお母さんにねだるのが見ててうけたwwww
あとは変な客とか来たときに、がたいのいいお兄さんが助けてくれたり、
ああ、こういう人もいるんだなーとかってよい社会勉強になった。

店員はみんな年上で(まぁ、自分が最低年齢でバイトしてる高校生なんだから当たり前だ)、
外国の方が家族のために日本で仕事してたり、
どっかの社長が暇だから遊びでこっそりバイトしてたり、
大学生とかフリーターとかいろいろ。みんな本当に親切だった。
社会に出ると、自分と歳の違う人たちと交流できてすごく興味深い。
それはお互いにそうで、今の高校生って~なの? みたいな質問をよくされたw

で、数ヶ月働いたが、試験が近づくと勉強中心になるのでなかなか両立が難しくなり辞めた。
次は、何か別の短期の仕事にしようと思った。

続く…

追記:

・床掃除のやり方
床掃除は後退する方向で進めます。
自分が磨いた床を自分で踏まないようにするためですね。
これは今でも自分の部屋を掃除機かけるときにも使っているやり方です。

・有線放送で流れている曲
ラジオではないので曲紹介をしてくれませんが、
問い合わせると何て曲かを教えてくれます。

店長に、今かかってる曲いいですね~なんて話しをしたら
問い合わせてあげるよって言って、すぐ放送会社に電話して聞いてくれました。
AEROSMITHの「Love In An Elevator」という曲でした。
バイト代が出てからCDを買いに行きましたw
忘れられない思い出です。

#働くことについて考えている方の参考になれば幸いです。
[PR]
by rankaran | 2007-11-06 00:00 | 思うこと