夜はまだまだもうちょっと、ね?

rankax.exblog.jp

(=゚ω゚)ノ

ブログトップ

今 - ima -

『今』といえば、私の大好きなBTのファーストアルバムなわけだが。
こんばんは、蘭です。

さて、何を書こうかな。

◆ゲーム
X-BOX 360のゲームをほぼ毎日やってます。相方と一緒に。
◇今は、『Borderlands2』やってます。
ちなみに、最も好きなゲームは『Skyrim』。

◆仕事
人生の中で多くの時間を過ごすこの「仕事」ってやつは、
私がいろんな仕事をしてきたことはこのブログでも記事にしてきたけれども、
過労死とかのニュースを見ると若い人達の残酷な現実の中で(もちろん自分も味わってきた)、
本当にこの社会は最低だと痛感する。

経験者の私が言えることは、鬱になるような会社は早く辞めた方がいいとw
新しい環境で自分の信じる何かを貫く方が健全に思う。

◇ちなみに今、私は
とっても健全に過ごしています。

もちろん、それとは関係なく体調は谷あり谷ありだけどな!w
←最近、一週間くらい腹痛と頭痛を交互に格闘中。

◆悩み
もちろん悩みもあるさー
でも、まぁ、終わらない苦悩もないですし。←今、腹痛と以下略

前向きに諦める勇気が欲しいが、
それって非道徳だからなかなかオープンなところで言えないけれど。

ってやっぱり自分の悩みは自分にしか解決できる術はなく。
時間がかかってももがくしかないんだろうな。

誰もが限りある時間中で、
私はといえば「今」を「楽しんで生きて」います。
#もうだいぶ前からそうだけどw


さて、さっき見た映画『山本五十六』が、
「ヤン・ウェンリー」に見えてきた今日この頃でした。


じゃ、そういうことで。
[PR]
by rankaran | 2012-12-07 00:00 | リアル
f0136689_1826254.jpg

今を生きている
蘭です、こんにちは。

現代を生きている若い世代には、将来に対する
以下のような不安があるのではないだろうか。
1.将来に希望を持つことで残酷な現実に絶望する
2.将来を考えると楽しいことよりも不安ばかりが気になってしまう
3.格差社会によるねたみ・つらみ・そねみ

キー:
仕事・就職問題、恋人いるいない、結婚しているいない、
子どもがいるいない、家庭の問題、介護の問題、等々。

ってこれ書いてるだけで鬱々としてくるので、
詳細はもうこれ読んでる方の現状と想像に任せるとしてw

先日、ろすけさんと話しながら(またか)、
これって戦時中となんら変わりないのでは?と考えるに至った。

明日、死ぬかもしれないという不安の中で生きること。
明日、死にたいと思うかもしれない不安の中で生きること。

さて、そんな不安の中で、いかに人生を謳歌するか、
私は最近、蒼さんから「今を生きる」ことについて学びました。

まだ起きてない将来のことを考えて不安になるくらいなら、
今を大事に、今を楽しんで、今を生きよう。
そう思えるようになりました。
(刹那主義とは違います)

私にとっての今を生きることとは、

みんなで鍋パーティーをしたり、
一緒にゲームして遊んだり、
好きな人の誕生日を祝い、
好きな愛車に乗って仕事へ行き、
夕食を家族と一緒に食べる。
そんな毎日の繰り返しのようなものなんだ。

だがしかし!
それが1ヶ月、1年、この先ずっと続けば、
振り返ったときに充実した人生であったと言えるに違いない。

つまり、明るい将来を思い描くという難題に取り組むよりも、
楽しい今を紡いでたら自然と充実ライフでした
って方が、
現代は生きやすいのではないかと思う次第である。


さぁ、一緒に「今を生き」ないか?


いま、好きな人に好きって言ってしまうとか!
(それによる将来なんて期待しない、いま伝えたいことを言うだけ)

いま、行きたいところに行ってしまうとか!
(そのための準備~向かっている最中もわくわくが止まらない)

いま、なりたい自分に、たった今からなってしまうとか!
(将来挫折するとか勝手に決めない)

いま、泣いて笑って思うままに!
(つまり今、生きているということ)
[PR]
by rankaran | 2010-10-19 00:00 | 思うこと
ふと、こころってどこにあるんじゃい?と思って、
胸のところがなんか苦しいぜって考えるけど、
あれがスッキリすることってあるんすか?
と誰かに問うてみたいと思った蘭です。こんにちは。(前置き長い)

だがしかし、but、けどけれど、
劇場版 天元突破グレンラガン 【螺巌篇】』を見たらスッキリして、
その後数日経っても気分が晴れているので、すげーなーと思った次第。

いつもだったら『魔女の宅急便』でも見たりするのだが、
もう何度みたことか!つーわけで、

相方が見ようって言って2回はちゃんと見た。(3回は見てる気もするw
鉄コン筋クリート』も毎回泣くくらい好きだけど、
『グレンラガン』の好きなところは、

1.【過去を紡いだ人々と未来を紡ぐ人々とが、
(人間の遺伝子構造でもある)螺旋(らせん)状に今を紡いでいるということ】


マズローの欲求段階説を用いて説明したいくらい同感。
偉い人が単独で作ってるわけじゃない。
現世代と次世代が協力して紡いだり、
時には死を以ってバトンタッチしながら紡いでるだよねっていう。

死って無意味なもんじゃねーなと。
#これを考えるときいつもgreegさんのことを思い出す。

紡ぐことこそ人類としての生き方じゃね? と思う。
勝手に一人で生まれて誰にも関わらず死ぬわけねーし。
#今の時代、教育もバトンタッチもしねーで
#のうのうと若者酷使して生きてる腐った大人が多すぎるwww


2.【その螺旋状に切り刻むドリルのように、
一周して同じところにいるのではなく、人はみな少し前に進んでいるということ】


私も昔からこういうことよく言ってるので。
#いつも螺旋階段で説明してます。

3.【尊敬している相手というのは、
実は、尊敬してくれた人が相手の価値や意味を持たせてくれている。
だからこそお互いが生きていける。一緒に紡いでいけるんだってこと】


「蘭さんのおかげで…」って言われる度に思うのだが、
いや、あなたのおかげで俺がいつもどんだけ元気になれてることか!w
知ってる?気づいてる?とか毎回思うんですけどwwww
俺を認めてくれてる誰かがいるから、俺は生きていけてるんだよね。

と同時に、尊敬する相手がいてくれるから、
俺はそこ目指して走っていられるというか。
いや最近もう遠すぎて届かない気配するけどもww
#でも尊敬してる相手が元気ないと俺も元気なくなるというwww
#いやまぁ、だからこそ、そーゆーときはこっちからハッパかけるけどねw
#かっこいい人にはかっこよくいつづけて欲しい。ファンだからな!!ww


作中で言えば、
アニキ(カミナ)は弟分のシモンが認めてくれたから、
あんなにかっこよく生きれたんじゃないかと思うんだよね。
劇場版みると、シモンが「かっこいいアニキ」という価値を見出した(選んだ)とも思えるし。

4.【信じるということ】

これも昔からよく言ってるけど、実存主義だから余計に。
信じることを信じています。
唯一絶対のものなんてなくても、何を信じるかじゃなくて、その行為の方。
「信じる」ということには、絶対があってもいい。あるんじゃないかと信じています。

悩みについては、ほとんど多くの問題はこれで昇華する私なので。
問題解決の方法論
[PR]
by rankaran | 2010-05-12 08:32 | 思うこと
ぶっ倒れ症候群の
蘭です。こんばんは。

健康第一!! (ほんとにねw

さて、今回は、コメントをいただいた方からの質問に回答いたします。

質問
「もし、蘭さんが好きになった人に恋人がいたらどうしますか?」

>回答をみる
[PR]
by rankaran | 2008-04-27 23:21 | 思うこと
回答の前に、そこへ行き着くための方法論について。
蘭です。こんばんは。

人生でぶつかる問題の答えは、ケースバイケースなことが多いので、
よく悩みを抱えてしまう人は、ひとつひとつの問題の「答え」を知るよりも、
いろんなケースに対応できそうな「方法論」を学んでおくことの方が、
いちいち人に聞かないでも答え出せたりできるんで、個人的にはおススメですw

新人に、これはどうやってやるんですか? って聞かれて答えを言うだけじゃなく、
調べ方も教えた方が、次からは自分で調べられるので効率がいい、とかそういったことですね。
全部がぜんぶ、そうあるべきというわけじゃないですが、
私は、「30分調べて考えても答えが出なかったら聞いて
みたいな制限で調整することもあります。
1日悩んで答えが出ないとかだと効率が悪いしねw(合理主義

それでもずっと悩んでたりすることもある。
誰に聞いても答えがなかなか出ない問題もあるから。
ましてや、人生の悩みなら尚更。

今回は、そんなときに私がよく使う、問題解決の方法論を紹介します。
高校の倫理で学んだので、知っている方もいるかもしれません。

ヘーゲルの弁証法

ヘーゲルの弁証法は3つの段階を踏むことで、
問題解決を導く(止揚する)ための方法論です。

1.「テーゼ」をみつける
まず、問題の前提となっているような
「これはこういうものだ」という認識、既成概念みたいなものを見つけます。

2.「アンチテーゼ」にしてみる
次に、そのテーゼを疑ってみます。
反対だったり裏だったり、相反する定義にしてみます。

3.「ジンテーゼ」を想像する
アンチテーゼの視点から、改めて問題に向き合ってみます。
そうするとその問題がまったく違ったものに見えたりします。
そうしたときに、当初の問題の認識を新しい見え方で再定義します。
(その再定義した認識を「ジンテーゼ」といいます)

また、再定義によって認識が替わることを
「アウフヘーベン」(止揚)といいます。

つまり、この方法論は、
認識を好転させることで、悩みが解消する」というアプローチなので、
ポジティブシンキングをもうちょっと細分化したような解法です。

【例題】
質問:
いつも、生き物を殺したい衝動があり、思い悩んでいます。
憎いからとか、理由なんてまったくありません。ただそういう衝動に駆られるんです。
どうすればいいでしょうか?

みなさんも答えが導けるかやってみてください。
(正解はありません)

ヘーゲルの弁証法は、使っても使わなくても構いません。
そんなもの使わなくてもすぐに答えが出せる! という人は、
そもそもあまり悩まない人かとも思いますw


悩みを抱えている人の状況などは、推測(仮定)してみても構いません。
ですが、ケースバイケースで考えていくと、
ひとつひとつのケースで答えを求めていくので厄介だよ、
という例なので、あまり仮定しすぎるのは注意ですw


>蘭さんの回答
[PR]
by rankaran | 2008-01-16 00:00 | 思うこと
返歌のように記事を書く
蘭です。こんばんは。

私の場合、
相手の立場になって考える
とは、

ある「立場」という状況・環境にいる「相手」が、
「何を考えているか」を想像することではない。

もし「自分」が「相手がおかれている立場」になってみたら
どういう気持ちになるか」を想像することである。

こうして私は、
なんで相手はそういったことをするのかという気持ちを、
私なりに理解し、多くは納得する。

納得ができないことは、
概ねそれを相手に説明し確認するようにしている。
(そうする必要がない場合はもちろんしない)

ユリイカ!!

ファイさんの記事を読んで、自分も今思うことを書いてみました。
[PR]
by rankaran | 2007-10-31 23:42 | 思うこと

コミュニケーション

コミュニケーションは好きな方の
蘭です。こんばんは。

フラムさんの記事「コミュニケーション」を読んで、
以前、自分の書いた記事を思い出したので、ポスト。

人と接するときの心がけ
[PR]
by rankaran | 2007-10-12 00:00 | 思うこと
素直で正直な人が大好きな
蘭です。こんばんは。

随分前に、友人が、こんな場面で蘭さんだったらどうする?
という質問があったのでここで改めて回答します。

状況:デートでの食事シーン
相手が自分の嫌いな食べ物が入ったメニューをオーダーしようとしています。
お好み焼き・もんじゃ焼きだったので、
2人で1つのものを食べるであろう状況です。
このとき、あなたはどうしますか?

>【蘭の回答】
[PR]
by rankaran | 2007-10-03 00:00 | 思うこと
蘭です。こんばんは。
たまにはどーでもいい日常を書いてみます。
や、僕にとってはどーでもよくないから書き留めるわけですがw

昼頃、へっ君とおしゃべりをした。
ネットではいろんな人がいるけれど、
そんな中でも自分と近しい環境の人の話は聞いていると安らぐ。
自分の抱えている悩みも親身に聞いてもらえる。
相手が、自分と同じような局面に対して考えたこと、考えていることが聞ける。
そして私もそれを親身になって受け止めることができる。

理解とは2種類あると私は考えていて、
頭で意味を理解するものと、体験として気持ちで理解するもの。
後者の理解は、何物にも変えがたい、生きるための貴重な糧だと感じる。
前者の理解は、自分がその立場であっても、
まったく悪びれることはないと思っている。
むしろわからないことを知った風に言う方が相手に失礼だと感じるから。

へっ君と話をして、またねって言う時に
今お互いにすべきこと、やりたいこと、些細なことでも
それを自由に気兼ねなくできることも、
上記の理解あってのことだと幸いに思う。本当にありがとう。

感謝と敬意を込めて。
僕らに
最適の健闘を。

その後は…
[PR]
by rankaran | 2007-09-30 00:00 | 思うこと

ブログのメリット

誰かに伝えたいことがあると
ブログを更新する
蘭です。こんばんは。

特定の相手であれば、伝える内容によっては
面と向かって直接伝えることもありますが、
相手の都合もあるし、連絡手段がなかったり、
特定できない場合もあるので、そういうときにブログは便利ですね。

今回は、ブログを更新して実感したメリットなどを書いてみます。

>ブログで実感したメリット
[PR]
by rankaran | 2007-09-23 00:00 | RO:はじめに